作品紹介

享保十年早春、惣三郎と結衣がようやく江戸に帰ってきた。皆に薦められ、力丸を連れて一家水入らずで飛鳥山の菊屋敷で旅の疲れを癒やすことにした惣三郎。隠居暮らしのような穏やかな日々のなかで、自らの老後に思いをはせる。
近隣の「烏鷺荘」に引っ越してきた老人が、惣三郎を囲碁に誘うが……。

鍾馗の昇平が大活躍する16巻!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る