作品紹介

金杉清之助は若狭国小浜城下に到着した。敦賀へと向かう道中、騎馬軍団海天狗の乱暴狼藉を目の当たりにした清之助は、南次郎、たかとともに策を練り、南蛮兜の首領を船上の決闘で討ち果す。

鯖江城下から永平寺へと足を運んだ清之助は、「血と怨念に穢れた身を浄め、初心に戻りたくなるときがございます」と食を断ち、暗黒の岩穴に籠もる「三十三日闇参籠」に挑むのだった。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る