作品紹介

仙台城下より八戸に向かう清之助。巷を悩ます海賊サンボトジ党や、子供たちをかどわかした妖しげな巫女を成敗するべく、刀を振るう。

一方、父惣三郎は神保桂次郎とともに出羽三山で厳しい修行を重ねる。もはや妻子は惣三郎の心から消え、剣者として生きる決心をするが、いままでにない「問い」が心に生じるのだった。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る