作品紹介

忍び慕う女心を、琉球舞踊に乗せて――

在米大使館で知り合い結ばれた孝子と大使秘書松田の前に現れた令嬢玲子。訪れる悲しい別離と逆転の結末……海渡る感動の純愛物語

――あなたの袖に移した匂いで、私を思い出してほしい。
恋する女性の心の内面を切々と踊る、女踊りの最高峰「諸屯」。
伝統芸能をアメリカの地でクラシックに乗せて舞った女性が主人公の中編小説。

これまでの孝子の「諸屯」の踊りは、厳しい言い方をすれば、曲に合わせて手足を動かしているだけであった。恋する男にありったけの力で思いを寄せるということは、観念的には分かっていても、熱烈な恋をしたことのない孝子には、実感が伴わないものであった。
それが、松田と付き合うようになって、恋する男への思いというものが体感できるようになった。その心情の変化は、踊りにも反映された。前は心を込めるように自分に言い聞かせ、愛というものを頭で描き踊っていたが、今は愛の実感が胸の中にあり、それを踊りで表現できるようになったのである。

担当編集者より
宜野湾市出身、滞米40年の著者が描く、沖縄とアメリカが舞台の端整な小説です。琉舞という伝統芸能と日米両国の文化の違いなども描写されていて、米軍基地問題やアジア安全保障の問題が混迷の様相を示すこの現代、平和への祈りがこめられた物語と読むこともできます。
商品情報
書名(カナ) シュドゥン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2019年04月19日
ISBN 978-4-16-008943-3
Cコード 0093

著者

真喜志 興亜

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る