作品紹介

旅することで、見て、感じた思わぬ地平
“イタリア雑念夢想の旅”三部作はフィナーレへ

ルネサンス迷宮への案内
花の都から人類の至宝最後の晩餐を有する北都へ。法律家にして紀行家・健啖家・愛飲家の著者が二都を巡って思索。常識を超えたルネサンス新解釈

革新と未完の芸術の都を彷徨する

 周辺地域を併せてもなお狭いこの街が、ルネサンスと呼ばれるほんの短い期間に、現代に至ってもなお理解を超えている本物の大天才たちを何人も輩出したという人類史上稀な奇跡が、何故にこの街に興ったのかなどということにも、ボツボツと思いを巡らすこととしましょうか。(「はじめに」より)

商品情報
書名(カナ) フィレンツェタンボウ ソシテミラノヘ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2021年10月29日
ISBN 978-4-16-009009-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る