作品紹介

水上勉、北林谷栄、大仁田厚……文学者、女優、スポーツマンなど各界の人物が自らスケッチした臨死の光景は、カラフルで実に個性的だ

担当編集者より
人は病気や事故で生命の危機に瀕した際にどんな光景を垣間見るのか――臨死体験に至る状況を丹念に聞き取り調査し、当人みずからその情景を描き出してもらったのが本書の特色です。色がキメテなので「クレア」連載時のイメージそのままにオール四色です。水上勉、北林谷栄といった著名人に加えて市井の方々の証言も貴重です。(T)
商品情報
書名(カナ) ショウゲンリンシタイケン
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 A5判 並製 カバー装
初版奥付日 1996年10月30日
ISBN 978-4-16-352200-5
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る