作品紹介

ぼくの城下町の好みは十万石以下。そのくらいが一番それらしい雰囲気を今も残している――2014年3月に急逝したイラストレーター・安西水丸が惹かれてやまない城下町を訪れ、歴史的人物や事件にまつわるエピソード、町の名物やたたずまいをスケッチ。読むと電車に乗って旅に出たくなる、楽しいエッセイ集です。


登場するのは、村上市(新潟県)、行田市(埼玉県)、朝倉市(福岡県)、飯田市(長野県)、土浦市(茨城県)、新宮市(和歌山県)など、日本全国の20都市。岸和田市・中津市・高梁市は単行本のための描き下ろし。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
安西水丸「ちいさな城下町」
安西さんに最後にお会いしたのは二月末。手を入れた本文初校ゲラを前に、装丁や宣伝をどうするか、次はどこの町に行きたいか、というようなことを楽しそうにお話しされてました。
本の完成を待たずに急逝されたことは残念でなりませんが、本書のいたるところに「水丸さん」は登場します。城址を見つけ、町を廻り、歴史の表舞台に登場しない傍役に思いを馳せ、名物料理に挑戦してみる――遺作になったエッセイ集、城好き歴史好きでなくとも大いに楽しめる、愛すべき一冊です。 (KK)
商品情報
書名(カナ) チイサナジョウカマチ
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判 小口折 並製カバー装
初版奥付日 2014年06月25日
ISBN 978-4-16-390086-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る