作品紹介

トム・ホランド主演、ルッソ兄弟監督で映画化!

スタッカートする荒い文体と会話――戦争とドラッグと犯罪。
獄中作家が生々しく描くアメリカ犯罪文学の傑作。

この主人公、バカだろ。
あなたはそう思うかもしれない。
でもやがて途方もない悲しみが湧きあがり、
あなたの心をかき乱す。
これはそういう小説です。

ニコ・ウォーカーは服役中の銀行強盗だ。
そして必読の作家でもあることを本書で証明した。
――ワシントン・ポスト

ウォーカーの文章は、鋭く強く警戒おこたりなく、唯一無二だ。
——ジョー・イデ(『IQ』著者)

『ジーザス・サン』とタランティーノに比すべき一冊。
――エスクワイア

会話は音楽的でリアルで、すぐそばから聞こえてくるようだ。
――ニューヨーク・タイムズ

若手アメリカ作家には近頃めずらしい、文学講座の臭いがしない純文学作品。
――ヴァルチャー

なぜ平凡な大学生は戦争から帰って銀行強盗になったのか。
その転落の軌跡が生々しい言葉で語られる。大学時代の恋人との日々、兵役についてイラクの戦地で目にした凄惨な体験。PTSDを癒すためのドラッグ——それが彼を追いつめてゆく。この世界の底の底へ。

著者はこれを獄中で書いた。それがアメリカやイギリスの読書人を唸らせた。荒々しい言葉のグルーヴが、愚かしさの向こうの大いなる悲しみを浮かび上がらせて、読む者の心を引き裂く。

デニス・ジョンソン『ジーザス・サン』とクエンティン・タランティーノの融合と評され、アメリカ文学界をワイルドに揺るがした獄中作家のデビュー作。

ニューヨークタイムズが2019年の必読書に選出。各紙絶賛。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) チェリー
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装
初版奥付日 2020年02月20日
ISBN 978-4-16-391174-8
Cコード 0097

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る