第56回(2020年)谷崎潤一郎賞

日本蒙昧前史

2,310 (税込)
発売日2020年06月26日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) ニホンモウマイゼンシ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2020年06月25日
ISBN 978-4-16-391227-1
Cコード 0093

語りの魔術で蘇らせる、戦後日本の生々しい手触り

第56回谷崎潤一郎賞受賞作!
「文學界」連載中より話題を呼んだ、芥川賞作家・磯﨑憲一郎の3年振りとなる長篇小説。
「もちろんこの頃既に、人々は同質性と浅ましさに蝕まれつつはあったが、後の時代ほど絶望的に愚かではなかった」――大阪万博、三島由紀夫の自決、日本で初めての五つ子の誕生、ロッキード事件、グリコ・森永事件、日航ジャンボ機墜落事故……この国の戦後史を賑やかした大小さまざまな事件を扱いながら、作家は自由自在に語り手を乗り換えて、どこまでも遠くに語りを滑らせていく。誘拐された製菓会社の社長、キャバレー通いが趣味である小柄な政治家、五つ子の父親となったNHK局員、太陽の搭の「黄金の顔」に立てこもってしまう目玉男、グアム島の洞窟に28年間身を潜めていた元日本兵……一瞬は「時の人」に押し出されたこともある彼ら多くの語り部を通して描かれるのは、1965年生まれの作者にとっても切実な時代の、ノスタルジーによる美化を排した淡々としながらも緻密な細部である。そうして、彼等、語り手から「世の中の興味関心が薄れ、忘れ去られた後でも、虚構ではない人生は途切れることなく続いている」のだ。
――思い出してみればみるほど、じっさい酷い時代だったのだ、この時代の人々が果報に恵まれていたなどというのも、本当かどうか怪しいものだ(中略)我々は滅びゆく国に生きている、そしていつでも我々は、その渦中にあるときには何が起こっているかを知らず、過ぎ去った後になって初めてその出来事の意味を知る――
あの「蒙昧」の時代の生々しい空気と、そこに無数に鏤められた細やかだが「虚構ではない人生」を浮かび上がらせるとともに、文体の超絶技巧で高度な純文学的達成をも果たした野心作。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入

第56回(2020年)谷崎潤一郎賞

日本蒙昧前史

2,310 (税込)
発売日2020年06月26日
ジャンル小説
商品情報
書名(カナ) ニホンモウマイゼンシ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2020年06月25日
ISBN 978-4-16-391227-1
Cコード 0093
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト 佐伯泰英特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト