作品紹介

 時代小説の名手・諸田玲子が、浮世絵の名作に材を取って、紡いだ極上の短篇七本。

安藤広重「目黒太鼓橋夕日の岡」
歌川国政「五代目市川團十郎の暫」
歌川国貞「集女八景 粛湘夜雨」
鈴木春信「縁先物語」
葛飾北斎「百物語 さらやしき」
喜多川歌麿「深く忍恋」
東洲斎写楽「二世市川高麗蔵の亀屋忠兵衛と中山富三郎の梅川」

 七つの名作から生まれた物語は、男女の喜怒哀楽の表情を濃密に描いた感動作となっている。

 表紙を飾る鈴木春信の「縁先物語」から生まれた物語は、かつて美童と騒がれた男の封印した過去を描いている。
 萩の花咲く軒先で笑いさざめく女が二人。美少女と乳母。少年は若さゆえの無分別からある愚行に及んでしまう。(「縁先物語」)
 喜多川歌麿の「深く忍恋」をモチーフとした作品の主人公は、過去を捨て船宿の女将となっていた恋多き女「おりき」。
 大切な人とは、二度と逢わないつもりだった。遠くから、ひそかに想いつづけようと決めていたが、その想い人が、命の危機に瀕していると知ったとき、女の胸の奥、秘めた想いが動き出す。(「深く忍恋」)
 浮世絵の名作と、時代小説の名手の競演は、人生には、失って初めて気が付く幸せがあることを教えてくれる。

商品情報
書名(カナ) シノブコイ ウキヨナナケイ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2020年12月10日
ISBN 978-4-16-391306-3
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る