作品紹介

第167回芥川賞候補作にして、『「AV女優」の社会学』『体を売ったらサヨウナラ』などで知られる鈴木涼美の、衝撃的なデビュー中編。歓楽街の片隅のビルに暮らすホステスの「私」は、重い病に侵された母を引き取り看病し始める。母はシングルのまま「私」を産み育てるかたわら数冊の詩集を出すが、成功を収めることはなかった。濃厚な死の匂いの立ち込める中、「私」の脳裏をよぎるのは、少し前に自ら命を絶った女友達のことだった――「夜の街」の住人たちの圧倒的なリアリティ。そして限りなく端正な文章。新世代の日本文学が誕生した。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
『「AV女優」の社会学』『体を売ったらサヨウナラ』などで知られる鈴木涼美さんの、衝撃的なデビュー中編小説です。歓楽街の片隅のビルに暮らすホステスの「私」は、重い病に侵された母を引き取り看病し始めます。母はシングルのまま「私」を産み育てるかたわら数冊の詩集を出しましたが、成功を収めることはありませんでした。濃厚な死の匂いの立ち込める中、「私」の脳裏をよぎるのは、少し前に自ら命を絶った女友達のことでした――「夜の街」の住人たちの姿が圧倒的なリアリティで迫ります。そして限りなく端正な文章。新世代の日本文学の誕生です。第167回芥川賞候補作にも選ばれました。
商品情報
書名(カナ) ギフテッド
ページ数 120ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年07月15日
ISBN 978-4-16-391572-2
Cコード 0093

著者

鈴木 涼美

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る