作品紹介

「一度は読んでおきたい、しかし、どうもハードルが高い」。読書家であればあるほど、そんな本に心当たりがあるはず。
『地ひらく 石原莞爾と昭和の夢』(山本七平賞)、『悪女の美食術』(講談社エッセイ賞)などの著作で知られる「批評の天才」が、乱読の果てに選び抜いた究極の10冊を取り上げ、そのエッセンスを紹介。なぜその本をいま読むべきなのか、名著の核心部分をえぐり取る。
なぜヨーロッパのエリートたちは、ギリシア語やラテン語を学ばされるのか。それは「今の自分たちの生活や利害、関心と全く関係のない時代の人々の言葉を学び、その発想や言動を理解しようとすること」、つまり「他者を理解しようと努力し続ける」ことを重視しているから。その他者理解の能力を「ドイツ人は『教養』と呼んだ」と。
『論語』、ヒトラー『わが闘争』、小林秀雄『本居宣長』、ハイデガー『存在と時間』など、切れば血の出る、活きのいい名著が目白押し。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
『万葉集』
今と昔を超える日本文藝の形
『わが闘争』アドルフ・ヒトラー
一人のアウトサイダーが描いた妄想がなぜかくも大きな力を創り出せたのか
『論語』
不遇のなか東洋の思想家が到達した人生
『ナポレオン言行録』
「兵隊よ、祖国の幸福と繁栄が達成された暁、私は諸君を連れ戻る」
『移動祝祭日』アーネスト・ヘミングウェイ
その比喩が一閃するとき、ナイフと同様かならず骨を断つ
『赤と黒』スタンダール
作家の生前は全く評価されなかった近代心理小説の傑作
『神曲』ダンテ・アリギエーリ
見知らぬ土地での予期せぬ出合い。贅沢の極みの読書体験
『本居宣長』小林秀雄
思想やイデオロギーではなく言葉のダイモンに耳を傾けよ
『文明論之概略』福澤諭吉
「一身にして二生を経る」。福沢諭吉を今読むということ
『存在と時間』マルティン・ハイデガー
「神なき時代」「故郷の喪失」に耐えた哲学者の探求への道
商品情報
書名(カナ) キョウヨウノウ ジブンヲキタエルサイキョウノジュッサツ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2021年05月20日
ISBN 978-4-16-661315-1
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る