作品紹介

大宅賞、早稲田ジャーナリズム大賞を受賞した名著。

広島平和記念公園の片隅に、土饅頭と呼ばれる原爆供養塔がある。
かつて、いつも黒い服を着て清掃する「ヒロシマの大母さん」と呼ばれる佐伯敏子の
姿があった。なぜ、佐伯は供養塔の守り人となったのか。また、供養塔にまつられている被爆者の遺骨は名前や住所が判明していながら、なぜ無縁仏なのか。
引き取り手なき遺骨の謎を追うノンフィクション。

「知ってしまった人間として、知らんふりはできんのよ」
佐伯敏子の言葉を胸に、丹念に取材を続ける著者。
謎が謎を呼ぶミステリアスな展開。そして、埋もれていた重大な新真実が明らかにされていく――。

文庫版では、単行本が出てからの供養塔にまつわる動きなど、著者の書きおろしもたっぷり加えて、新しい写真も追加しました。
後世に伝えていきたい、日本人必読の書です。

解説・平松洋子

〈目次より〉
第一章 慰霊の場
第二章 佐伯敏子の足跡
第三章 運命の日
第四章 原爆供養塔とともに
第五章 残された遺骨
第六章 納骨名簿の謎
第七章 二つの名前
第八章 生きていた〝死者″
第九章 魂は故郷に

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
広島の平和記念公園の片隅にある「原爆供養塔」。訪れる人もまばらで目立つことはなく、本書が刊行されるまでご存じない方も少なくなかったのではないでしょうか。ここで長年にわたって被爆者の遺骨を守り喪服姿で清掃を行う「ヒロシマの大母さん」と呼ばれる女性がいました。その人こそ、本書の主役・佐伯敏子さんです。なぜ、佐伯さんは供養塔の守り人となったのか。また、供養塔の遺骨は名前や住所が判明していながら、なぜ無縁仏なのか。謎が謎を呼ぶミステリアスな展開にぐいぐいと引き込まれ、一気に読ませます。日本人であれば一生に一度は読んでおきたい名著です。ぜひお手にとってみてください。
商品情報
書名(カナ) ゲンバククヨウトウ ワスレラレタイコツノナナジュウネン
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年07月10日
ISBN 978-4-16-791109-6
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る