作品紹介

ある日、肝細胞がんなる病名を突然告げられ、がーんとなった東海林さん。
約40日間にわたる「初体験入院日記」。手術に、病院生活、その後の治療などを振り返る。

ほか、「粉もん大好き」「ミリメシはおいしい」「流行語大研究」「初詣はおねだりである」「そうだ、蕎麦食いに行こう」「ガングロを揚げる」など。

新井平伊医師(認知症専門医)との対談「認知症時代の〝明るい老人哲学〟」、
南伸坊氏・伊藤理佐氏との座談会「雑誌って面白い!」、
岸本佐知子氏(翻訳家)との対談「オリンピック撲滅派宣言『スポーツって、醜いよね?』」
の3本も収録。

『オール讀物』連載〈男の分別学〉を改題。


解説・池内紀(ドイツ文学者・エッセイスト)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
「ガンですね」――ある日、医師にふつうの声であっさり告げられたショージ君。
「ガーーーン」となって、40日にも及ぶ初の入院生活が始まった。
持ち物全てに名前を書き、ヨレヨレパジャマを着て、〝ガラガラ〟と常に一緒に廊下を歩く。
不本意の連続だった入院生活から、ショージ君が学んだことは?
解説は8月末に逝去された池内紀氏が、最後の力を振り絞って書いてくださいました。
切々と読む者の胸を打ちます。(担当KK)
商品情報
書名(カナ) ガンニュウインオロオロニッキ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年10月10日
ISBN 978-4-16-791373-1
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る