作品紹介

はぐれ研究者たちの情熱溢れる理系エンタメ小説!

「津波監視システムの実現に手を貸して欲しい」――。
東日本大震災後、地震研究所を辞めた準平は、学界で異端視される武智に誘われる。
武智のもとに集まったのは、海洋工学や観測機器などのエキスパートながら、個性が強すぎて組織に馴染めない〝はみ出し者〟たち……。
前人未到のプロジェクト、はたして成功するのか!?

「この作品は、私たち『変動帯の民』が覚悟を持って試練に備えることの大切さを説いている」――「解説」・巽好幸(神戸大学海洋底探査センター教授・センター長)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
「人任せはもうやめたんだ」
「俺の計算が正しいか、間違っているか」
「〝想定外〟とは、もう言わせない」

「金なし」「職なし」「待ったなし」のチーム武智の面々には、様々な思惑や利害が渦巻き、意見が合わないこともしばしば。
しかし、迫り来る未曾有の大災害を前に、彼らは走り出します。
地震と火山の国で、科学の力を信じて戦う。
熱い研究者たちのお仕事小説です。
商品情報
書名(カナ) ブルーネス
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年04月10日
ISBN 978-4-16-791473-8
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る