作品紹介

天明三年春。
家族と穏やかに過ごしていた磐音は、関前藩の江戸留守居役兼用人・中居半蔵から呼び出しを受ける。
藩の物産事業は、新造船が就航、長崎から異国の品を買い付けるなど、軌道に乗りつつある、
しかし、その利益を横領しようとする不穏な動きがあり、なんと磐音の父で国家老の正睦が疑われている、というのだ。

釈然とせぬままに、探索に手を貸すことになった磐音の前に、思いもかけない人物が現れて……。

担当編集者より
妹の睦月が生まれて、兄の空也もどんどん成長していきます。言葉遣いも達者になり、「父上、どこに行くんだい」と、武家言葉に金兵衛翁の深川言葉が混じり出し、「お父っつぁんが来ると空也の言葉が雑になる」とおこんは困り顔です。孫を愛してやまない祖父と、子をしっかり躾けたい母。いまと変わらない、家族のかたちを描くのも、「磐音」シリーズの魅力です。
商品情報
書名(カナ) ハルガスミノラン イネムリイワネ ヨンジュウ ケッテイバン
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年10月10日
ISBN 978-4-16-791579-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る