作品紹介

女渡世人の羽衣(はごろも)お炎(おえん)は、失踪した思い人・信三郎を追って佐渡へと渡った。軽業師のおみんを味方に得たお炎は、邪教集団“オドロ党”が跋扈する島の実態に戦慄する。佐渡奉行に薩摩浪士もからむ、謎また謎。金山の底で背中の切り札、最新式コルトM1847が火を噴いた! 正統時代伝奇×ガンアクション、シリーズ第2弾。解説・細谷正充


背中に背負った切り札
天下無双の新式コルトが
巨悪を撃つ!

うねる物語!
イッキ読み時代小説!

稀代の女侠客
羽衣(はごろも)お炎(えん)登場!

轟然と火を噴く新型の短筒。
左手で撃鉄を叩く
華麗な銃さばき。
立ち姿の艶やかさ。
風に颯爽と翻る被衣が、
真夏の日差しに白く輝く。
気っ風がよくて
度胸があって、それでいて
優しく情は細やか――
       (本文より)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
大藪春彦賞を受賞した正統時代伝奇×ガンアクション小説『コルトM1851残月』。本作は「コルト」シリーズ第2作ですが、主人公も使われる銃も舞台も全く異なります。

主人公は、女渡世人・羽衣お炎、舞台は幕末の佐渡。そして彼女が背中に背負うコルトM1847ウォーカーは、一尺三寸(約40cm)もの長さ。この、女性の手には余る大きな銃を、お炎がぶっ放して敵をなぎ倒していく様は、読むと素晴らしい爽快感を感じられます!

狭い島で四つ巴の戦いが展開されますが、ストーリーはまるで濁流のようにうねり、読者を興奮へと巻き込んでいくことでしょう。(担当K.N)
目次
序ノ段 お炎登場
破ノ段 異界巡礼
急ノ段 黄金大殺陣
終ノ段 羽衣抱影
商品情報
書名(カナ) コルトエムイチハチヨンナナ ハゴロモ
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年11月10日
ISBN 978-4-16-791590-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る