作品紹介

文政12年、大火は江戸を焼き尽くした。佳乃と周五郎は、照降町の御神木を守り抜いたとして町の人々に厚く感謝される。焼けてしまった店の再建を待つ間、舟を店に仕立てた「舟商い」は大繁盛し、人々は復興にむけて精いっぱいの知恵を出し合い、助け合う。
吉原の今をときめく花魁・梅花から「花魁道中で履く三枚歯下駄」の制作を託された佳乃は、工夫を凝らして新しい下駄を作りつつ、この大火で命を落とした江戸の人々の鎮魂のための催しを企画する。佳乃と花魁が企てた前代未聞の催しとは――
そんな中、藩の派閥争いから逃れて職人修業をしていた周五郎のもとに、不吉な一報が。

復興のアイデアを出し合う人々の心意気、大店・吉原・職人らが連携して作りあげた、奇跡の風景が心を震わせる。読むほどに元気が出る感動ストーリーが目白押しの第三巻。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
大火により、人生と生活がめちゃくちゃになってしまった江戸の人々。

第三巻では、焼け跡から立ちあがろうと奮闘する照降町が生き生きと描かれます。

知恵と工夫を凝らすことにより新しい形の商売が生まれたり、絆を確かめ合ったり……
                                                                                                                                                                                                                               そんな中、鼻緒職人の佳乃は、吉原の花魁・梅花と話すうちにある計画を思いつきます。

女性同士の連携(いまシスターフッドという言葉であらためて注目されています)を中心として

大店の旦那衆や吉原の会所も協力し、前代未聞の大きな催しがついに実現するシーンは、

感動と爽快感の嵐! コロナの状況に閉塞感を感じているか方々、ぜひぜひ読んでください!
目次
第一章 復旧の日々
第二章 船商い
第三章 七人の花魁
第四章 芝居話
第五章 花魁道中
商品情報
書名(カナ) バイカゲタ テリフリチョウノシキ サン
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2021年06月10日
ISBN 978-4-16-791701-2
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る