作品紹介

最後にして最高のエッセイ集!

人生という戦場に出るには
読書という武装が欠かせない――
人間、歴史、本を語り尽くした
最後のエッセイ集。
絶筆「我に一片の心あり」収録。

「寺山は登場したときから、
すでに完成していたのかもしれない」。
寺山修司の愛読者・葉室麟も、
五十歳を過ぎてデビューした時、
すでに完成されていた。
直木賞受賞前後から逝去までの間に
発表した書評、随筆、小説講座、
掌編などをふんだんに収録。
人生の苦渋と他者への敬愛、
そして読書が遅咲きの国民作家を
完成させたと知る一冊。

第一章 読書の森で寝転んで
第二章 歴史随想ほか
第三章 小説講座で語る
第四章 掌編、絶筆

【メディアでのご紹介】
NHK「ひるまえほっと」内「中江有里のブックレビュー」(2022年6月13日放送)
読売新聞大阪本社版夕刊(2022年6月16日)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
没後ますます敬慕される作家、葉室麟さん。氏こそ「令和の国民作家」にふさわしい存在と言えるのではないでしょうか。本書は、葉室さんが直木賞を受賞される前後から亡くなる直前までの書評、随筆、小説講座、掌編をおさめたオリジナル文庫です。新聞、雑誌、ネットと発表媒体は多岐にわたりますが、一冊にすると、その「筋の通り方」にあらためて驚かされます。楽しいことよりは苦しいことの多い人生にあって、生涯、他者を敬い、本を愛し続けた作家の心が伝わってくるこのエッセイ集、ぜひ、ご一読のほど、よろしくお願い申し上げます。
目次
第一章 読書の森で寝転んで
第二章 歴史随想ほか
第三章 小説講座で語る
第四章 掌編、絶筆
商品情報
書名(カナ) ドクショノモリデネコロンデ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年06月10日
ISBN 978-4-16-791900-9
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る