本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
人気作から最新作まで――最強ラインナップ 文春文庫「歴史時代小説フェア」

人気作から最新作まで――最強ラインナップ 文春文庫「歴史時代小説フェア」

文:文春文庫部


ジャンル : #小説 ,#歴史・時代小説

司馬遼太郎、藤沢周平、池波正太郎などのロングセラーに人気シリーズを多数抱える佐伯泰英、掘り起こし名作も!

歴史時代小説ファン待望のラインナップでお届けします。


6月の新刊より

佐伯泰英 『狂う潮』 新・酔いどれ小籐次(二十三)

『狂う潮』 (佐伯 泰英)

冴えない初老の男でありながら、剣の達人にして大酒飲み。殿様から長屋の住人まで、誰もが頼りにする異色のヒーロー・赤目小籐次。第一巻『御鑓拝借』(小籐次がたった一人で大名四家に挑む、最高にスカッとするお話)からスタートし、現在すでに累計900万部となったこの大人気シリーズも、この8月でついに完結を迎えます。

江戸を離れ、先祖の地・豊後森藩に降り立つ小籐次と息子の駿太郎を待ち受けるものとは……? 愛しい江戸の人々は……?

6月『狂う潮』、7月『八丁越』、8月最終巻『御留山』。完結に向けて、怒濤の三か月連続刊行です!(担当YY)

この作品の特設サイトへ(外部リンク)


岡本さとる 『仕立屋お竜』

『仕立屋お竜』(岡本 さとる)

人気書下ろし小説シリーズを執筆する一方で、芝居や、TVドラマの脚本にと活躍する岡本さとるさんが文春文庫初登場です。

主人公のお竜は、昼は着物の仕立てを生業としていますが、その裏の顔は、極悪人を闇に葬ることも厭わぬ「地獄への案内人」。非道な手段で女性を売りさばく女衒や、DVを繰り返す男たちに鉄槌を下します。読みどころは何といっても、お竜の妖艶さと痛快アクションシーン。

立原圭子さんの装画にもご注目ください!(担当TO)


佐藤巖太郎 『将軍の子』

『将軍の子』(佐藤 巖太郎)

デビュー作『会津執権の栄誉』がいきなり直木賞候補になった佐藤巖太郎さん。

初代会津藩主、保科正之の生涯を描いた連作短篇集が文庫化されます。

徳川秀忠の庶子として生まれながら、生涯親子の名乗りをあげることを許されず、江戸城の外で育った「将軍の子」。

稀代の名君になるまでの数奇な、そして清廉な生き方。カバーには、泥の中から美しい花を咲かせる蓮の花が描かれています。

解説は、「佐藤巖太郎の大ファン」を自認する本郷和人さん! 文章の美しさもべた褒めです。注目の歴史小説の書き手による傑作連作短編集、ぜひともご一読ください。(担当TI)


葉室麟 『読書の森で寝転んで』

『読書の森で寝転んで』(葉室 麟)

没後ますます敬慕される葉室麟さん。氏こそ「令和の国民作家」にふさわしい存在と言えるでしょう。本書は、葉室さんが直木賞を受賞される前後から亡くなる直前までの書評、随筆、小説講座、掌編をおさめたオリジナル文庫です。

新聞、雑誌、ネットと発表媒体は多岐にわたりますが、一冊にすると、その「筋の通り方」にあらためて驚かされます。楽しいことよりは苦しいことの多い人生にあって、生涯、他者を敬い、本を愛し続けた作家の心が伝わってくるこのエッセイ集、ぜひ、ご一読のほど、よろしくお願い申し上げます。
(担当HK)

文春文庫 「歴史時代小説フェア」対象本

銀漢の賦
隠し剣秋風抄 〈新装版〉
壬生義士伝 上
壬生義士伝 下
読書の森で寝転んで
神隠し 新・酔いどれ小籐次(一)
狂う潮 新・酔いどれ小籐次(二十三)
御鑓拝借 酔いどれ小籐次(一)決定版
将軍の子
仕立屋お竜
花や散るらん
鬼平犯科帳 決定版(一)
竜馬がゆく 一〈新装版〉
竜馬がゆく 二〈新装版〉
利休にたずねよ
さらば深川
火群のごとく
陰陽師
御宿かわせみ〈新装版〉
まんまこと
甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺
渦 妹背山婦女庭訓 魂結び
天地に燦たり
宇喜多の捨て嫁
三国志 第一巻
東慶寺花だより
保科正之の生涯 名君の碑
銀の猫
江戸彩り見立て帖 色にいでにけり
劒岳〈点の記〉 〈新装版〉
あかね空
若冲
つまをめとらば
会津執権の栄誉
信長の血脈
ゆけ、おりょう
生きる
龍馬史
秘太刀馬の骨
老いの入舞い 麹町常楽庵 月並の記


この他話題の本やフェア情報、文庫解説が読める文春文庫のサイトはこちら

文春文庫
狂う潮
新・酔いどれ小籐次(二十三)
佐伯泰英

定価:825円(税込)発売日:2022年06月07日

文春文庫
仕立屋お竜
岡本さとる

定価:759円(税込)発売日:2022年06月07日

文春文庫
将軍の子
佐藤巖太郎

定価:748円(税込)発売日:2022年06月07日

文春文庫
読書の森で寝転んで
葉室麟

定価:781円(税込)発売日:2022年06月07日

プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る