作品紹介

 スウェーデンで20万部突破!
 北欧ミステリーの女王、新シリーズ開幕。

女性刑事と男性メンタリストが忌まわしい過去に端を発する奇術連続殺人に挑む。

女は箱に幽閉され、剣で貫かれて殺されていた。まるで失敗した奇術のように……ストックホルム警察の刑事ミーナは、メンタリストで奇術に造詣の深いヴィンセントに協力を依頼する。奇術に見立てた連続殺人が進行中なのだ……。スウェーデン・ミステリーの女王レックバリが一流メンタリストとコンビを組んで送り出した新シリーズ第1作。

60か国43言語で刊行され、売上は3000万部を突破。スウェーデン・ミステリーの女王カミラ・レックバリが長年の友人でもあったスウェーデン屈指のメンタリスト、ヘンリック・フェキセウスとタッグを組んだ新シリーズ第1作である本書は、人口900万人のスウェーデンで20万部を売り上げ、36か国での翻訳刊行が決定しています。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
北欧ミステリーの女王+スウェーデン最強のメンタリスト。最強コンビが贈る新ミステリー3部作。

世界60か国で総売上3000万部。スウェーデン・ミステリーの女王と異名をとるカミラ・レックバリが、長年の友人でもある有名メンタリスト、ヘンリック・フェキセウスとコンビを組んで送り出したミステリー・シリーズ第1作が日本でも刊行されます。小さな箱に押し込められて剣で刺殺された女性の死体が発見され、物語ははじまります。事件が奇術を模したものだと気づいた刑事ミーナは、有名なメンタリストで奇術師のヴィンセントに捜査協力を要請。著者コンビそっくりの女性刑事と男性メンタリストのコンビが、過去の悲劇に端を発する連続殺人に挑みます。空気が読めずに他人とうまく関われないミーナと、数字や秩序に執着してしまう心の偏りをもつヴィンセント、それぞれに生きづらさを抱えた二人が、捜査を通じて居場所を見つけてゆく物語でもあります。すでにスウェーデンでは20万部を突破した話題作。第二の事件を描く『KULT(原題)』も文春文庫から刊行予定です。
商品情報
書名(カナ) マジュツシノハコ ジョウ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年08月10日
ISBN 978-4-16-791926-9
Cコード 0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る