文春写真館

野村胡堂の変わらない朝食

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

野村胡堂の変わらない朝食

「オール讀物」が「文藝春秋」の臨時増刊として生まれたのが、昭和五年(一九三〇年)。昭和六年に月刊誌となり、野村胡堂の「銭形平次捕物控」の掲載が始まった。だが、雑誌の売れ行きは芳しくなく、昭和七年には廃刊の危機を迎えた。このとき、紙面刷新のため、「銭形平次」も一度は中断が決められたが、野村胡堂は、毎回読み切りの形での継続を、新たに編集長になった永井龍男に申し出た。

 〈向う一年間、無原稿料で結構だから、引続き連載させて欲しいという真剣なものだった。無思慮無鉄砲な私にも、筆者の気合が察しられて、やむなくそれにしたがうことにした〉(永井龍男「『銭形平次』誕生のころ」朝日新聞・昭和三十八年四月十六日付)

 かくして「銭形平次」は昭和三十二年八月号まで続いた。全部で三百八十三編。ギネスブック級の記録である。

 写真は昭和二十六年撮影。

 〈朝食は八時。浅草「鮒金」の佃煮、越後味噌の味噌汁が食卓に必ず並んだ。新聞を読みながら、執筆する「銭形平次」の構想を練るのが毎朝の日課だった〉(「諸君!」平成十四年=二〇〇二年十月号より)

 昭和三十八年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004