作品紹介

『ゲルマニウムの夜』から12年、〈王国記〉第一部ここに完結

朧が建設した「王国」は、異能を発揮する息子・太郎を中心に回るようになった。居場所を失った朧は、ある決断を下すのだが……

担当編集者より
芥川賞受賞作「ゲルマニウムの夜」から12年、現代日本における信仰の問題にいどむ壮大な「王国記」サーガの第1部がついに完結します。神の王国の建設をめざす朧(ろう)の野望は実現するのか? 不可思議な力を発揮する朧の息子、太郎は〈神の子〉なのか? 王国に君臨する「王」たるべき人間は果たして朧か太郎か? 抗いがたい運命に導かれるように、物語はいよいよクライマックスを迎えます。壮大な長篇小説を読む醍醐味を堪能してください。(AH)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る