作品紹介

七月放送NHKスペシャル「生命大躍進」に著者登場!

絶滅し遺伝子が絶えた筈のネアンデルタール人。だが化石から復元したそのDNAは現生人類にも残っていた! 世紀の発見の内幕。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
ホモ・サピエンスとネアンデルタール人に「男女関係」はあったのか? この謎を鮮やかに解いたのが著者ペーボ博士です。
化石骨からネアンデルタール人のゲノムを再現するという難事を成し遂げ、古生物DNA研究というジャンルそのものを打ち立てたのです。一時は、何億年も前の恐竜のDNAを解読したなどといういい加減な研究者の陰に隠れ、それでも実直な研究の末にネアンデルタール研究で大逆転する半生には胸を打たれます。2015年7月のNHKスペシャル『生命大躍進』にも登場、最新の成果を語ります。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る