電子書籍

メタバースと経済の未来

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2022年12月16日
ジャンル政治・経済・ビジネス

メタバースを制する者が世界を制する

旧フェイスブックが社名を「メタ」に替えたことにもあらわれているように、GAFAMはビジネスの主戦場をSNSからメタバースへと舵を切りつつある。遡ればセカンドライフに、昨今では「あつまれ どうぶつの森」に、さらに日本発のclusterなどに見られるメタバースの萌芽は、ヘッドマウントディスプレイの開発競争にリードされながら、近い将来、各社がオリジナリティを競うメタバース空間の実現へと花開くはずだ。

ではメタバースとは何か。
そしてメタバースの中で新たに生まれる純粋デジタル経済圏とは。
メタバースは①持続的に経済が成長し続け、②資本財の購入に多額の資金を要するという、従来の資本主義観を根底から覆し、新しい経済圏を成立させるだろうと著者は言う。その新しい経済のあり方を従来の資本主義と比較しながら、通貨・技術・雇用の側面から論じるとともに、脱中央集権的な、来たるべき社会を50年のスパンで素描する。

さらにメタバースが地球温暖化を防げるか、日本経済にとってメタバースは救いとなるのかといった巨視的なテーマも論じる。
来たるべきメタバース社会の未来を経済学的な視点で論じる初の試み。

目次

第1章 メタバースとは何か
第2章 未来の社会はSociety5.0とメタバースに分岐する
第3章 純粋デジタル経済圏の誕生
第4章 メタバースとお金の未来
第5章 資本主義はどう変わるか?
第6章 人類が身体を捨て去る日
第7章 日本経済はどこに向かうべきか

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
ネット書店で購入
電子書籍

メタバースと経済の未来

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2022年12月16日
ジャンル政治・経済・ビジネス
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 佐伯泰英特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト