作品紹介

旧フェイスブックが社名を「メタ」に替えたことにもあらわれているように、GAFAMはビジネスの主戦場をSNSからメタバースへと舵を切りつつある。遡ればセカンドライフに、昨今では「あつまれ どうぶつの森」に、さらに日本発のclusterなどに見られるメタバースの萌芽は、ヘッドマウントディスプレイの開発競争にリードされながら、近い将来、各社がオリジナリティを競うメタバース空間の実現へと花開くはずだ。

ではメタバースとは何か。
そしてメタバースの中で新たに生まれる純粋デジタル経済圏とは。
メタバースは①持続的に経済が成長し続け、②資本財の購入に多額の資金を要するという、従来の資本主義観を根底から覆し、新しい経済圏を成立させるだろうと著者は言う。その新しい経済のあり方を従来の資本主義と比較しながら、通貨・技術・雇用の側面から論じるとともに、脱中央集権的な、来たるべき社会を50年のスパンで素描する。

さらにメタバースが地球温暖化を防げるか、日本経済にとってメタバースは救いとなるのかといった巨視的なテーマも論じる。
来たるべきメタバース社会の未来を経済学的な視点で論じる初の試み。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
第1章 メタバースとは何か
第2章 未来の社会はSociety5.0とメタバースに分岐する
第3章 純粋デジタル経済圏の誕生
第4章 メタバースとお金の未来
第5章 資本主義はどう変わるか?
第6章 人類が身体を捨て去る日
第7章 日本経済はどこに向かうべきか

著者

井上 智洋

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る