作品紹介

フェイスブックが社名をメタに改めたように、いま熱い注目を集めるメタバース。近い未来に人類はメタバース内で生活するようになる!そのとき、社会はどう変わるのか? そして貨幣、雇用、身体の行方は。資本主義を大きく変容させる「純粋デジタル経済圏」の誕生をも論じる未来の書。

累計16万部、『人工知能と経済の未来』の続編誕生!

バーチャル美少女ねむ(メタバース文化エバンジェリスト)推薦!
「メタバースから経済を見て、未来を探る思考の旅を始めましょう」

=========================
●目次
1章 メタバースとは何か
2章 この世界はスマート社会とメタバースに分岐する
3章 純粋デジタル経済圏の誕生
4章 メタバースとお金の未来
5章 資本主義はどう変わるか?
6章 人類が身体を捨て去る日
7章 日本をメタバース先進国にするにはどうしたらいいか?
=========================

井上智洋(いのうえ・ともひろ)
駒澤大学経済学部准教授。慶應義塾大学SFC研究所上席研究員。博士(経済学)。2011年に早稲田大学経済学研究所で博士号を取得。早稲田大学政治経済学部助教、駒澤大学経済学部講師を経て、2015年4月から現職。博士(経済学)。専門はマクロ経済学。特に、経済成長理論、貨幣経済理論について研究している。著書に『純粋機械化経済 頭脳資本主義と日本の没落』『ヘリコプターマネー』(ともに日本経済新聞社)、『「現金給付」の経済学』(NHK出版新書)、『人工知能と経済の未来』(文春新書)、『AI時代の新ベーシックインカム論』(光文社新書)、『MMT 現代貨幣理論とは何か』(講談社メチエ)など。

担当編集者より
経済学者の井上智洋さんによる、2016年刊行の『人工知能と経済の未来』の続編とも言うべき一冊です。当時、人工知能の進化とともにシンギュラリティ(技術的特異点)が到来し、失業問題がやがて生じるだろうという論調が世間を支配していました。すっかりその声は鳴りを潜めましたが、実は真のシンギュラリティ到来はまだ数年先だと言います。技術開発から社会への普及まで十数年のタイムラグが生じるのが通常であると言われる中で、今年、大きく注目を集めた経済界のバズワードが「メタバース」、そして新しい働き方を実現すると呼び声の高いDAOなどを含めたWeb3の潮流です。メタバースが普及する未来に懐疑的な人も、賛同する人も、見解は分かれるでしょう。しかし、コロナ禍でzoom会議を経験した人ならば誰でも、一歩メタバースの社会に足を踏み入れていると言えます。メタバースの普及がもたらす未来社会像とは? そしてその際に変容する雇用や資本主義の特質、さらには身体の行方まで、未来を大胆に素描する、初の経済学的アプローチとなる一冊です。
目次
1章 メタバースとは何か
2章 この世界はスマート社会とメタバースに分岐する
3章 純粋デジタル経済圏の誕生
4章 メタバースとお金の未来
5章 資本主義はどう変わるか?
6章 人類が身体を捨て去る日
7章 日本をメタバース先進国にするにはどうしたらいいか?
商品情報
書名(カナ) メタバーストケイザイノミライ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2022年12月20日
ISBN 978-4-16-661387-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る