作品紹介

生涯、膨大な数の短編を遺した山本周五郎。
没後五十年を経た今なお、読み継がれる作品群の中から、
選びに選ばれた名品。
短編選集決定版の第三巻(全四巻)

武士の、同輩への友情と、許婚への断ち切れない愛情との葛藤を描く「落ち梅記」。
浪人の、赤ん坊に対する人情が愛情に変わっていくプロセスを描く「人情裏長屋」。
長屋住まいの一家の、究極の人情ともいうべきものを描く「かあちゃん」。
亭主への、また父の娘に対する「情」の交錯がドラマに複雑さを与える「寒橋」。

ほか、「なんの花か薫る」「あすなろう」「落葉の隣り」「茶摘は八十八夜から始まる」「釣忍」など、全九編。

巻末に沢木耕太郎氏による解説エッセイ「寒橋のまぼろし」を収録。

さまざまな「情」が乱反射する、「情」の万華鏡ともいうべき一冊。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る