作品紹介

いま、母親の視点から描かれる、娘の性的虐待

久留米生まれの逸子はダンスホールの華だが、結婚を機に運命が暗転。ロングセラー『ファザーファッカー』を母視点で綴る痛切な小説。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
昭和二十年八月、久留米市。市田悦子は一家で玉音放送を聞きますが、父親は頭を畳にこすりつけ、以後、彼女が結婚のため家を出る時までそのままだった、という幻想的な描写がこの小説の前半にあります。後に逸子の情夫となり、娘・静子に性的虐待を繰り返す男は、幼少時を大連で過ごし、頭の中にはロシア兵の流れ弾が入ったままです。内田さんがご自身の凄惨な体験を小説化した『ファザーファッカー』を、実母の視点でとらえなおしたこの小説、実は、敗戦が男たちを深く傷つけていたことが物語の端緒にあった、とも読め、まぎれもない「文学」が立ち上がっています。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る