作品紹介

料理家・辰巳芳子の「食への思い」をはじめて絵本化!
「大豆はいのちを支えるまめです。大豆をまける子になってください」

おばあちゃんがくれた「まほうのおまめ」。
食べられるし、植えられる!
枝豆から変身して、とうふ、なっとう、みそ、しょうゆに――
不思議なおまめと旅する物語。

子どもへ、孫へと送りたい、食育絵本の決定版!
松本春野の、祖母・いわさきちひろを思わせる水彩画のタッチも魅力です。

全国の小学校3万人にひろがる「大豆100粒運動」や、
3年生の国語教科書「すがたをかえる大豆」(光村図書)の参考資料になるデータも掲載しています。

担当編集者より
「いのちのスープ」で知られる95歳の料理家・辰巳芳子さんのライフワーク「大豆100粒運動」。手のひらいっぱい100粒の大豆を、食べるだけでなく「まく」ことを知る子どもたちが育てば、この国は危機を乗り越えられる――そんな思いから全国小学校で展開されてきました。なにより、枝豆も豆腐も味噌も、醤油まで大豆からできていると知ると、子供たちの目が輝きます! 暖かな絵柄のなかに、熱い思いが込められた絵本です。
商品情報
書名(カナ) マホウノオマメ ダイズノタビ
ページ数 32ページ
判型・造本・装丁 AB判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2020年04月20日
ISBN 978-4-16-391199-1
Cコード 0793

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る