作品紹介

明治時代、感染症と戦った北里柴三郎と、森鷗外の知られざる物語

明治期の日本でコレラ等と戦った北里と鷗外。「感染症学」を通じて、国民の命を守ることに奔走した二人は、なぜ道を違えたのか。

商品情報
書名(カナ) ソウメイキョク キタザトトオウガイ
ページ数 456ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 ソフトカバー装
初版奥付日 2022年02月25日
ISBN 978-4-16-391500-5
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

映画・テレビ化情報一覧を見る