作品紹介

初午の真夜中、水垢離に臨もうとしていた喜八郎たちのすぐそばで、男女が川に飛び込んだ。たまさか女を助けた喜八郎は、ふたりが奉公先の賭場で恋仲になった挙げ句に心中を図ったと知る。賭場で恋仲はご法度だが、なんとか女を救おうと、喜八郎は賭場の貸元と直談判に及ぶが……。
そして喜八郎と秀弥の恋の行方にも新たな展開が!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
1997年に「オール讀物新人賞」を受賞した山本一力さんですが、単行本デビューを果たすにはさらに3年の歳月が必要でした。原稿を書いても書いてもボツになる日を乗り越え、ようやく刊行にこぎつけたのが『損料屋喜八郎始末控え』。この作品は、“時代小説に新風を吹き込んだ”と評判を呼び、いまに至るまで続く人気シリーズとなったのです。
5年ぶりとなる最新刊『固結び』では、主人公の喜八郎が川に飛び込む男女に遭遇します。なんとか女を助けると、ふたりは奉公先の賭場で恋仲になった挙げ句に心中を図ったとか。賭場では色恋沙汰はご法度。女を救おうと、喜八郎は賭場の貸元と直談判に及びますが……。
そしてシリーズのファンなら見逃せないのは、喜八郎と料亭の女将・秀弥の恋の行方。心中騒ぎを起こした男女に刺激され、ふたりは大きな一歩を踏み出すことになります。
新たな展開を迎えたこのシリーズから、目が離せません!
目次
起請文
冷夏のいもがゆ
正月の甲羅干し
初午参り
さくら湯桜餅
梅雨のあおやぎ
固結び
商品情報
書名(カナ) カタムスビ ソンリョウヤキハチロウシマツヒカエ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2023年01月30日
ISBN 978-4-16-391648-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る