作品紹介

名文家で知られるジャーナリストと、旧制北野中学の同級生が、九十一歳を迎えたいま、それぞれの日常生活や回想を綴る。ともに妻を亡くし、コロナ禍で外出もままならぬ中、視力を失くしたジャーナリストは、旧制北野中学の同級生に、電話で「原稿」を送る。同級生はそれをパソコンで打ち込み、出来上がった原稿をまた電話で読み上げる。本書はこうして書き上げられた。亡き妻と交わした対話、ベトナム戦争や連絡船事故などの取材こぼれ話、ケアマネージャーへの淡い慕情、三島由紀夫との交流――。「もうじき百歳」のリアルな心情と、互いを支え合う「男おひとり様」同士の友情がここにある。

商品情報
書名(カナ) ヒャクサイイゼン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 新書判
初版奥付日 2021年09月20日
ISBN 978-4-16-661332-8
Cコード 0295

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る