作品紹介

生涯、膨大な数の短編を遺した山本周五郎。
没後五十年を経た今なお、読み継がれる作品群の中から、選びに選ばれた名品。短編選集決定版の最終巻(全四巻)

江戸っ子の老人の意地が生み出してしまう孫娘のかなしみ「野分」。
子供を持てない夫婦の行き場のないかなしみ「並木河岸」。
かなしみが新しい人間の関係を生み出す不思議「夕靄の中」。
かなしみを抱いた男と女の最後の救い「つゆのひぬま」。
岡場所の女の消えそうで消えないかなしみ「将監さまの細みち」。

ほかに、「墨丸」「深川安楽亭」「ひとごろし」「桑の木物語」など、全九編。

周五郎は、悲哀を悲哀として描きながら、その悲哀を乗り越える人々の姿を貴いものとして描いている。

巻末に編者・沢木耕太郎氏による解説エッセイ「悲と哀のあいだ」を収録。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) ヤマモトシュウゴロウメイヒンカン ヨン ショウゲンサマノホソミチ
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年07月10日
ISBN 978-4-16-791105-8
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る