本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
様々な「悲哀」を乗り越える、人間の貴い姿を描いた。周五郎短編は、終わることがない――#2

様々な「悲哀」を乗り越える、人間の貴い姿を描いた。周五郎短編は、終わることがない――#2

文:沢木耕太郎

『将監さまの細みち』(山本周五郎 沢木耕太郎 編)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #歴史・時代小説

『将監さまの細みち』(山本周五郎 沢木耕太郎 編)

【1よりつづく】

 いま、私は山手樹一郎について「作家としての悲哀」という言葉を使った。

 悲哀。悲と哀。どちらも、かなしい、という意味を持つ。しかし、その二つのかなしみは微妙に異なっているようにも思える。

 吉行淳之介は「からだ」という字にこだわった作家として知られている。自分の書く文章の中には「体」や「躰」はどうしても使えないというのだ。そして、終生、「躯」を使いつづけた。確かに、性を通して女体を描くことの多かった吉行淳之介の小説世界には、「躯」がふさわしかった。

 悲も哀も、人によって独特の思いを込めて使われることの多い字のひとつであるといえるだろう。

 山本周五郎も、あるときは「悲しい」と書き、あるときは「哀しい」を使い、またあるときは「かなしい」を用いたりして、微妙な使い分けをしている。

 私には、「悲しい」は透明で乾いているが、「哀しい」はいくらか濡れているように思われる。寒い空気の中で煌めくダイヤモンドダストのようなものが「悲しい」だとすれば、湿り気を帯びた空気の中の霧や靄のようなものが「哀しい」であるような気がする。

 あるいは、「悲しみ」は外に向かって進んでいく可能性を持つが、「哀しみ」は裡に籠もったままその内部にとどまるものであるような気もする。「悲」からは透明な水のようなすきとおったかなしみが、「哀」からは霧や靄に覆われた見通しのきかないかなしみが感じられる。

 もし、いくらか強引に性別をつけるなら、男のかなしみは鋭角的な「悲」であり、女のかなしみはどこか丸みを帯びた「哀」であると言えるかもしれない。

文春文庫
山本周五郎名品館Ⅳ
将監さまの細みち
山本周五郎 沢木耕太郎

定価:957円(税込)発売日:2018年07月10日

こちらもおすすめ
プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る