作品紹介

もう、〝にょ〟は増えない……。

惜しくもイラストレーターのフジモトマサルさんの逝去によって終了した『別冊文藝春秋』人気長寿連載の第三弾にして、シリーズ最終巻。
夜中の通販番組の「キュッパ」に腹を立て、「ゴリラ脱毛」について考え、そして、今はなきロンロン口での待ち合わせ……。

妄想と詩想の間を往来する歌人・穂村弘の文章と、奇才・フジモトマサルのシュールなイラストイラストの奇跡のコラボ。単行本未収録分も増補!

気がつくと、あなたは日常の裏側を散歩しているかもしれません。

12月14日 盲導犬
電車に乗る。
背後からこんな声がきこえてきた。
「あたし、盲導犬だったんです」

……………この続きはぜひ、文庫で!!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
一度読むとクセになる『にょっ記』シリーズ、本作が最終巻となりました。連載当初、穂村さんの文章を読んでフジモトさんがイラストを描くというスタイルだったのですが、後半は、フジモトさんのイラストを見て、穂村さんが文章を書くということも。お二人の奇跡のようなコラボで「にょっ記」シリーズの世界が広がりました。もう、〝にょ〟が増えないのが、残念です。どうか、最後まで読んでいただいて、見えてくる風景を味わってください。
商品情報
書名(カナ) ニョニョニョッキ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年07月10日
ISBN 978-4-16-791106-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る