2018.09.20 インタビューほか

歌人とイラストの奇跡のコラボ『にょにょにょっ記』文庫化記念 穂村弘 × 名久井直子

『にょにょにょっ記』

歌人とイラストの奇跡のコラボ『にょにょにょっ記』文庫化記念 穂村弘 × 名久井直子

シュールでニヒルで可愛い笑い!
歌人・穂村弘さんの文章と、イラストレーター・フジモトマサルさんの絵によって魅力的な世界を作り出した大人気シリーズの、誕生秘話、エピソード盛りだくさん豪華トーク


『にょにょにょっ記』(穂村 弘 フジモトマサル 著)

穂村 僕が文章描いて、付かず離れずの距離感でフジモトさんが絵を描き、それを名久井さんがデザインして完成する『にょっ記』シリーズ。2003年11月に雑誌で連載を始めたときは自分はまだ会社員でした。以来、1冊ごとにより時間をかけて面白さのレベルを保つように考えました。今回、三冊目の『にょにょにょっ記』が文庫になってシリーズが完結したということで名久井さんと振り返りたいと思います。

名久井 『にょっ記』の次は『にょにょっ記』、ラストは『にょにょにょっ記』。このタイトルは、穂村さんが?

穂村 僕が候補を幾つか考えて、フジモトさんに選んでもらったんです。それが『にょっ記』で、二冊目を出すときに「にょっき2」とか「続・にょっ記」とかはやめよう、と。

名久井 2とか続とかつけると「まず一冊目を読まないといけない」印象を読者に持たせてしまうから良くない、と業界的には言われますよね。

穂村 うん。で、じゃあ、頭に「にょ」をたくさんつけていこう! ということになりました。その時の計画では、本の表紙いっぱい「にょ」で埋めるまで続けるはずだったけど……2015年にフジモトさんがご病気で亡くなってしまったので、もう「にょ」が増えることはありません。

名久井 「にょ」がこれ以上入らなくなったらどうしよう、なんて言ってましたよね。今日は二人でフジモトさんの思い出も語り合いたいと思います。

【「お笑い」人気がショックで>>】



こちらもおすすめ
書評フジモトマサル⇔穂村弘 往復質問状(2015.09.22)
インタビューほか『にょっ記』座談会 feat. 長嶋有 穂村弘(歌人)×フジモトマサル(イラストレーター)×名久井直子(デザイナー)×長嶋有(作家)(2006.03.20)
にょにょにょっ記穂村弘 フジモトマサル

定価:本体700円+税発売日:2018年07月10日

にょにょっ記穂村 弘

定価:本体560円+税発売日:2012年01月04日

にょっ記穂村 弘

定価:本体500円+税発売日:2009年03月10日