作品紹介

〝居眠り磐音〟が帰ってきた!
全五十一巻で完結した平成最大の人気シリーズが復活。
豊後関前藩中老職の嫡男・坂崎磐音の朋輩に妹の奈緒が生まれたその日(「赤子の指」)。
四歳の奈緒が磐音の嫁になると口にした日の出来事(「梅雨の花菖蒲」)など、本編では描かれなかった5つの物語を収録。
ふたりの幼き日々から悲劇の直前までを描き、万感胸に迫るファン必読の一冊。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
佐伯泰英さんの「居眠り磐音」は平成最大の人気シリーズと言って過言ではありません。全51巻で完結してから3年。書き下ろし新作『奈緒と磐音』で復活します!
シリーズの読者はすでにご承知と思いますが、主人公の坂崎磐音は、藩内抗争に巻き込まれ、許婚の奈緒との別れを余儀なくされます。本作では、そのふたりの幼き日々から悲劇の直前までを描きます。
ファンには待望の新作、そしてシリーズ未読の方には前日譚となる『奈緒と磐音』をぜひご堪能ください。
商品情報
書名(カナ) ナオトイワネ イネムリイワネ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年01月10日
ISBN 978-4-16-791203-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る