作品紹介

佐伯泰英×谷原章介 特別対談を収録!

平成最大の人気シリーズ「居眠り磐音」〈決定版〉。

幼馴染みを失い、許婚の奈緒を残して豊後関前藩を出奔した坂崎磐音。
深い哀しみをかかえながら、しかし生きるためには働かなければならぬ。
直心影流の剣さばきで用心棒稼業に励みます。

そんななか、磐音はかつて関前藩江戸藩邸で共に過ごした、勘定方の上野伊織と再会、
藩を揺るがす疑惑を知ることになります。
亡き友が巻き込まれた騒動の真相とは? 磐音に忍び寄る影の正体は?

2019年5月17日に公開される映画「居眠り磐音」を記念して、
巻末には、今津屋吉右衛門を演じた谷原章介さんと
著者・佐伯泰英さんの対談も収録。

担当編集者より
江戸・深川の金兵衛長屋で貧乏暮らしの坂崎磐音。生活のため、用心棒稼業に精を出し、今津屋や町奉行所、深川の地元の人たちから信頼されていきます。そして、運命を変えた関前藩の内紛の真相が徐々に明らかに。磐音はあの悲劇に決着をつけることができるのか。磐音の活躍をお楽しみに。
また、磐音を松坂桃李さんが演じた映画「居眠り磐音」(5月17日、全国ロードショー)の公開を記念して、巻末には今津屋吉右衛門役の谷原章介さんと佐伯さんの特別対談を収録。お見逃しなく!
商品情報
書名(カナ) カンライノサカ イネムリイワネニ ケッテイバン
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年03月10日
ISBN 978-4-16-791239-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る