作品紹介

大宅壮一ノンフィクション賞受賞作!
「忖度」で済ませていいのか? あなたの血税が投じられている!
夫人たちの〝悪だくみ〟も明らかに。

一強と持ちあげられる安倍晋三総理大臣の権勢に陰りが見えたのは、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題だった。
総理自らが「腹心の友」「四十年来の親しい友人」という加計氏側に有利に運ぶように、政治的な圧力はあったのか。
次々と明らかになる文科省の内部文書や、前事務次官の告発などで、追い詰められた総理はついに解散に打って出た――。
徹底した取材を元に、疑惑の全貌を明らかにするノンフィクション。

安倍総理と加計氏、世襲どうしのまるで「義兄弟」のような関係は、アメリカ留学時代からはじまっていた――
政界・官界・業界団体・地方自治体などの利害が複雑に絡み合った糸を解きほぐし、現在の日本の最高権力の驚くべき核心に踏み込む。

解説は、安倍昭恵夫人へのインタビュー経験もある、石井妙子氏。

【目次】
はじめに
第一章 第二の加計学園
第二章 悪友サークル
第三章 加計の野望
第四章 海外進出の手助け
第五章 政治とビジネス「商魂」
第六章 国家戦略特区というレール
第七章 下村文科大臣の献金疑惑
第八章 前川の乱「疑惑の核心」
第九章 内閣府VS文科省
第十章 延期された学部の設置認可
終 章 政権延命の末
文庫版あとがき

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
「モリ・カケって結局なんだったの?」「政治家の口利きなんてよくある話」「しょせん忖度でしょ」という方、必読。
「政治とカネ」を書いては当代一流の森功さんが、緻密な取材で、安倍総理と加計氏の「まるで義兄弟」な関係を抉りだします。
二世同士の絆は、45年前のアメリカ留学時代から始まっていた――
政治家夫人たちの悪びれない「悪だくみ」ぶりも強烈です。
解説は、安倍昭恵夫人インタビューの経験もある石井妙子さん。(担当AW)
商品情報
書名(カナ) ワルダクミ カケイガクエンノヒガンヲカナエタソウリノギマン
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年06月10日
ISBN 978-4-16-791304-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る