書評

すべては40年前のアメリカ留学から始まった。総理と夫人と、学園経営者の奇妙な関係。

文: 石井妙子 (ノンフィクション作家)

『悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(森功 著)

『悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(森功 著)

 私は、かつて安倍昭恵首相夫人を取材し、「安倍昭恵『家庭内野党』の真実」という記事を書いた(『文藝春秋』二〇一七年三月号)。

 当時、原発の再稼働に反対するなど、夫とは真逆の意見を口にする首相夫人を一部のメディアは、「家庭内野党」、「物言うファーストレディ」と誉めそやしていた。

 だが、そのような見方は正しいのか。

 むしろ彼女は価値観の根底を夫としっかりと共有しており、同志的に連帯している。夫とは常に補完関係にあり、だからこそ政権も夫人に五人もの秘書をつけて、公人と変わらぬ振る舞いを許しているのではないか、と私は書いた。

 すると記事の発表直後、森友問題、続いて加計問題が起こった。私は自分が昭恵夫人を取材していたという経緯もあって、この問題に強く惹(ひ)かれた。

 なぜ、どうして、このような問題が起こったのか。事件の全体像や本質を知りたいと思ったのだ。ところが次第に国会での野党の追及や、メディアの報道は、誰が、いつ、どのような忖度をしたのかという一点に傾いて隘路(あいろ)に陥り、私の疑問はそのまま胸に残って解消されなかった。

 だからこそ、二〇一七年十二月に本書が単行本として刊行されると、すぐさま読んだ。そして、ようやく答えを得られたと感じた。

悪だくみ森 功

定価:本体750円+税発売日:2019年06月06日


 こちらもおすすめ
ニュース【速報】第2回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞に森功さん『悪だくみ』が選ばれました。(2018.05.09)
特集【冒頭立ち読み】第2回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞 受賞! 『悪だくみ』(2018.05.09)
書評事件の主役たちの知られざる素顔(2014.01.06)
書評裏金王に肉迫する大胆さ(2011.03.20)