作品紹介

いま最も期待される作家・門井慶喜が、あの坂本龍馬の
妻・おりょうを描いた歴史長編!

幕末の京都で出会った「世話のやける弟」のような男・坂本龍馬と
結婚したおりょうは、夫を呼び捨てにし、酒を浴びるほど飲み、勝海舟にも
食ってかかる「妻らしからぬ」振る舞いで周囲をへきえきさせる。
ついには龍馬の周囲から、「龍馬のために離婚してください」とまで迫られる始末。

しかしおりょうは、寺田屋で間一髪龍馬の命を救い、
日本で初のハネムーンを敢行。薩摩へ、軍艦に乗って長崎へ、馬関へ――
激動の世の中を楽しげに泳ぐうち、いつしか薩長同盟・版籍奉還の
立て役者として時代の英雄になってゆく夫。
そして、龍馬亡きあとの20年を彼女はどう生きたのか。

型にはまらない生き生きとした夫婦の姿、意地っ張りで責任感が強く、
龍馬に惚れながらも自立した魂が輝く
「門井版おりょう」、現代の女性に響く物語!

解説・小日向えり(歴女)

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) ユケ オリョウ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年08月10日
ISBN 978-4-16-791328-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る