本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
現代なら、ダメンズにつかまるタイプ

現代なら、ダメンズにつかまるタイプ

文:小日向えり (タレント・エッセイスト)

『ゆけ、おりょう』(門井慶喜 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #歴史・時代小説

『ゆけ、おりょう』(門井慶喜 著)

 創業一八六三年(文久三年)、一五六年の歴史を持つ横浜の高級料亭「田中屋」は、かつておりょうが仲居として働いていた場所です。おりょうがいた頃は、「さくらや」という名前だったそう。

 横浜の大学に進学した歴史好きの私にとって、この田中屋は憧れのお店でしたが、敷居も値段も高く、なかなか行くことができませんでした。そしてその存在を知ってから10年後、やっと田中屋を訪れる機会に恵まれたのです。建物に入ると、「ここでおりょうさんが月琴を奏でていたのかな」「幕末の志士、西郷隆盛や伊藤博文が国事を語っていたのかな」と想像が膨らみました。

 田中屋のある神奈川宿は、晴れた日は江戸湾を隔てて、房総半島まで見渡せたという風光明媚な宿場町。湾を見下ろす崖のような高台に建つ田中屋の部屋からは、目の前の海に釣り糸をたらして、魚釣りができたそうです。昔はこの窓からこんな景色が見えたんですよ、と仲居さんに古写真を見せていただきました。

文春文庫
ゆけ、おりょう
門井慶喜

定価:836円(税込)発売日:2019年08月06日

プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る