作品紹介

遺された手帳には、私の知らない父がいた――。

藤沢周平・没後20年の年(2017年)に、遺された手帳・大学ノートを愛娘が読み解き、知られざる父の姿を綴った本書は、単行本刊行時、大きな話題となった。

展子誕生後まもなく、妻・悦子が病死。新たな人生を歩もうとした矢先の、藤沢の悲痛な感懐が胸をうつ。その当時から小説の情熱やみがたく、執筆、投稿生活を送っていたのだが、「作家・藤沢周平」は夫婦の夢でもあったのだ。

妻を亡くした絶望のなかから、藤沢周平はいかに創作へ向かおうとしたのか。

幼い娘を育てながら会社員生活を送り、再婚、オール讀物新人賞受賞、いよいよ小説家への一筋の光が見えてくる。直木賞受賞までの煩悶、自身の作品・生活に対する厳しい自己批評……。

娘だけでなく、これまで誰も知らなかった「作家・藤沢周平」の姿がある。

文庫化にあたり、貴重な写真を追加。

解説・後藤正治「藤沢周平の源流」

商品情報
書名(カナ) フジサワシュウヘイ ノコサレタテチョウ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年09月10日
ISBN 978-4-16-791568-1
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る