作品紹介

少年剣士の清々しい友情と成長を描く、あさのあつこの新たな代表作。
〝小舞(おまい)藩〟シリーズ、第二弾!

第一弾「火群(ほむら)のごとく」から4年。
16歳になった林弥は無事に元服の儀を済ませ、名実ともに新里家にとっての当主となる。
義姉の七緒に密かな想いを募らせる林弥だが、真実を告げることはできず、また理不尽な兄の死の真相も、いまだ摑めずにいた。
そんななか、江戸に出ていた透馬が、樫井家を継ぐために小舞藩へと戻ってくる。
ふたたび政争に巻き込まれようとする透馬は、家臣として林弥を重用することを決意するが……。

山河豊かな小舞藩を舞台に繰り広げられる、傑作青春時代小説。

解説・杉江松恋

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
碧く晴れ上がる空の果てに、何があるのか――。

山河豊かな小舞藩、何者かに兄を殺された過去をもつ林弥は元服の儀を迎えるが、義姉への募る思いは秘めたまま。そんな折、二年ぶりに親友・透馬が江戸より帰ってくる――。

前作『火群のごとく』から4年、大人になりかけた彼らは身分や立場の差を超えて時代を変えようとします。
少年たちの成長と飛躍を読んでいただきたいです。
商品情報
書名(カナ) ヒウンノゴトク
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年06月10日
ISBN 978-4-16-791891-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る