文春文庫

御留山新・酔いどれ小籐次(二十五)

佐伯泰英

  • 定価:858円(税込)
  • 発売日:2022年08月03日
  • ジャンル:歴史・時代小説

作品紹介

先祖の暮らした豊後森藩の地についに降り立った小籐次と息子の駿太郎。
地元の美味と、湧き出る豊かな湯、野湯と風景を味わいつつも、
特産の明礬を利用して権力を増大する国家老一派と、対抗する一派の
不穏な事情を知り、心は晴れない。

一方、山中に暮らす刀研ぎの名人「滝の親方」は、小籐次にそっくりだという。
もしや赤目一族と繋がりが? 

そんな中、藩主・久留島通嘉から小籐次に呼び出しが。
「明朝、角牟礼山本丸で待つ」—-
ついに、藩主・久留島通嘉が、江戸から小籐次を連れてきた本当の目的が明かされる。
そして、赤目小籐次一家の帰りを待ちわびる江戸の人々も、
ある計画を進めていた。

『御鑓拝借』から始まった物語が見事ここに完結!


巻末付録「森藩・玖珠山中をゆく~その時、小籐次の背中が見えた」を収録。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
小籐次の揺らがない信条、他の誰にも成しえない鮮やかな行動、周りの人への愛情が、まわりまわって最終巻に色々な形で姿を現し、歓声を上げたくなるような見事なラストを、堪能して下さい。
長い物語をご一緒下さった皆様、本当にありがとうございました。

「決定版」名物・小籐次編集班によるルポがこの最終巻で復活しました。小籐次と同じく歳を重ねた部員が
豊後森藩の地で、小籐次の足跡を追いました。本文と合わせて読めば、物語が二倍楽しめます!
目次
第一章 山路踊り
第二章 二剣競演
第三章 血とは
第四章 山か城か
第五章 事の終わり
終章

【巻末付録】小籐次編集班
「森藩・参勤ルートを行く ~その時、小籐次の背中が見えた」
商品情報
書名(カナ) オトメヤマ シンヨイドレコトウジ ニジュウゴ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年08月10日
ISBN 978-4-16-791914-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る