作品紹介

特攻隊の真実を描き、長く読み継がれるべき決定版! 全3巻完結!

解説・鴻上尚史(『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』著者)
「あなたは、この膨大な記録の中に忘れがたい人を何人もみつけるでしょう。そして、呆れはて、怒りはてるようなエピソードも。
かつて日本と日本人が何をしたのか。どんな人達が生きていたのか。どんな命令を受け、どんな命令を出したのか。
この本は、絶版になってはいけない本だと思います。長く長く、読み継がれていく本になってほしいと願っているのです」

担当編集者より
3カ月連続刊行、『陸軍特別攻撃隊』がついに完結。
『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』の大ヒットで本書復刊のきっかけを作った鴻上尚史さんが、「3」に解説を寄稿。
「あなたは、この膨大の記録の中に忘れがたい人を何人も見つけるでしょう。
そして、呆れはて、怒りはてるようなエピソードも。かつて日本と日本人がなにをしたのか。どんな人達が生きていたのか。どんな命令を出し、どんな命令をうけたのか。この本は絶版になってはいけない本だと思います。長く長く、読み継がれていく本になって欲しいと願っているのです」と書かれています。
三冊あわせて総ページ数1744頁、重さ830グラム。まさに故・高木俊朗さんが
執念で集めた膨大な記録。読むと人生が変わる本です。(担当MF)
目次
連合軍ルソンに迫る
四航軍、都落ち
最後の一機
軍司令官逃亡
包帯と短刀の意味
功四級・勲六等
陸軍刑法のぬけ道
生きることと死ぬこと
昔の雪
背広と軍服
特攻は誰が提案したか
〈補遺〉隈部少将の自決
人間無視の思想―あとがき(二)―
新装版あとがき
文庫版のためにあとがき
解説 鴻上尚史
商品情報
書名(カナ) リクグントクベツコウゲキタイ サン
ページ数 576ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年02月10日
ISBN 978-4-16-813079-3
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る