作品紹介

『晩春』『麦秋』『東京物語』などの戦後の傑作で「日本の家族像」を確立したとされる監督・小津安二郎。しかし少壮気鋭の歴史学者は、「兵士・小津安二郎」の存在を、今ではあまり注目されない「失敗作」そして当時から現代にいたる膨大な文献を渉猟して炙り出した。中国大陸を転戦し、復員後、直接的には「戦争」を描写しなかったが、小津「らしくない」映画に、戦争の傷は生々しく刻印されていた。映画批評と歴史学が融合し、戦前、戦中、戦後を生き抜いた人々の思いが丸ごと伝わってくる、ユニークな、生きた歴史書。解説・古市憲寿

【目次】
序章 ピースの欠けたパズルー『晩春』批判

第1章 帝国の残影ー小津安二郎の『暗夜行路』

第2章 大陸の光景ー沈黙する前線

第3章 暴力の痕跡ー戦争の長い影

第4章 叛乱の季節ー中国化と日本回帰

終章 呪わしき明治維新ー『東京暮色』讃

増補1 田中眞澄氏の小津安二郎研究ー映画の歴史学

増補2 入れ替わることと一つになることーホー・ツーニェンの歴史実践

増補3 謎を謎のまま忘れないでいるためにー戦後映画史のなかの『火垂るの墓』

学藝ライブラリー版のあとがき 歴史とは「まわり道」

解説 忘れたことを忘れないために 古市憲寿

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
右にも左にも偏らず、舌鋒するどく慈愛ふかい言論活動を展開する評論家・與那覇潤さんは、かつて、近現代史を専門とする少壮気鋭の歴史学者でした。大学で学生たちに小津映画を題材に歴史を講じようとして思うようにいかなかったことが、本書執筆の動機でした。監督キャリアのなかばで徴兵され中国大陸を転戦した小津は、戦後に『晩春』『麦秋』『東京物語』を撮り、「日本の家族像」を確立したとされます。しかし與那覇さんは傑作の合間に撮られた「失敗作」に注目、創作活動を裏側から支えた小津の戦争と敗戦の体験を炙り出します。映画批評と歴史学の融合を達成した名著がいよいよ文庫で登場です!
目次
【目次】
序章 ピースの欠けたパズルー『晩春』批判

第1章 帝国の残影ー小津安二郎の『暗夜行路』

第2章 大陸の光景ー沈黙する前線

第3章 暴力の痕跡ー戦争の長い影

第4章 叛乱の季節ー中国化と日本回帰

終章 呪わしき明治維新ー『東京暮色』讃

増補1 田中眞澄氏の小津安二郎研究ー映画の歴史学

増補2 入れ替わることと一つになることーホー・ツーニェンの歴史実践

増補3 謎を謎のまま忘れないでいるためにー戦後映画史のなかの『火垂るの墓』

学藝ライブラリー版のあとがき 歴史とは「まわり道」

解説 忘れたことを忘れないために 古市憲寿
商品情報
書名(カナ) テイコクノザンエイ ヘイシオズヤスジロウノショウワシ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年10月10日
ISBN 978-4-16-813103-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る