書評

名作がいっぱい
文春文庫の海外ミステリを振り返る

文: 池上 冬樹 (文芸評論家)

『真夜中の相棒 新装版』 (テリー・ホワイト 著 小菅正夫 訳)

 これらの作家の名前をあげるにつれ、文春の海外ミステリは(カーリイは若干異なるけれど)、ミステリよりも人間ドラマに重きをおく作品に愛着があるようだ。とりわけトゥロー(軽妙な『有罪答弁』も傑作だ)、ゴダード(絢爛たるロマネスク『闇に浮かぶ絵』が秀逸)、クック(家族殺しの闇に迫る『夜の記憶』が圧倒的)がそうだろう。人間ドラマはときには純文学的なテイストが濃くなり、リャード・プライス『フリーダムランド』、セオドア・ローザック『フリッカー、あるいは映画の魔』、ボストン・テラン『神は銃弾』などの作品も紹介された。

 とくにローザックとテランは、僕をはじめ評論家と読者の熱い支持をうけ(ちなみに『神は銃弾』の解説は僕)、2冊とも「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得した。テランに至っては、アメリカで発売されていないにもかかわらず、『音もなく少女は』が翻訳されて(素晴らしい傑作だ!)、日本でも相変わらず好評だった。

 しかし、もちろんベストテンを賑わすには至らなくても、忘れがたい作品はたくさんある。その筆頭が、11作翻訳されたコリン・ウィルコックスのフランク・ヘイスティングス警部シリーズである。『容疑者は雨に消える』『女友達は影に怯える』『子供たちは森に隠れる』(これが僕のベスト3)、またはビル・プロンジーニとの共著『依頼人は三度襲われる』(これがシリーズ一番の傑作)など、独特の邦題が印象的で、それがまた内容とよくあっていた。サンフランシスコを舞台にした警察小説であるけれど、テイストはあくまでもハードボイルド。集団の捜査活動と事件の謎解きがメインであるけれど、ヘイスティングス自身の生活が点綴されて、人生の奥深さをのぞかせ、静かな抒情を醸しだしていた。

 ウィルコックスは邦題がいいといったけれど、同じく『優しすぎて、怖い』『秘密なら、言わないで』『私のかけらを、見つけて』などのジョイ・フィールディングも記憶に残っている。なかでも『秘密なら、言わないで』がそうだが、皮膚感覚に富む文章は抜群だし、それでいてヒッチコック映画を彷彿とさせる視覚的な語り口も鮮やか。終盤の息詰まる強烈なサスペンスの連続もたまらなかった。

 そのほかにもヘンリー・デンカーの本物の法廷サスペンス『復讐法廷』、リチャード・ジェサップの強奪小説の名作『摩天楼の身代金』、オリヴィア・ゴールドスミスのコンゲーム『第一夫人同盟』、ロバート・R・マキャモンの異色ロードノベル『遙か南へ』など秀作多数である。「海外ミステリ・マスターズ」はいちおう5作の予定のようだが、できれば定期的に復刊を続けてほしいものだ。

真夜中の相棒 新装版
テリー・ホワイト・著 小菅正夫・訳

定価:790円+税 発売日:2014年04月10日

詳しい内容はこちら