2011.03.28 文春写真館

白ぎつねにたとえられた小林一三

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

白ぎつねにたとえられた小林一三

 阪急東宝グループの創業者小林一三は、明治六年(一八七三年)生まれ。阪急電鉄をはじめとする交通、住宅開発、百貨店、さらに宝塚歌劇団、プロ野球阪急ブレーブスの興行など、関西を中心に数多くの事業を手がけた。また、数々の美術品の収集家、茶人として知られ、そのコレクションは逸翁美術館に残っている。

 写真は、「文藝春秋」昭和二十八年(一九五三年)六月増刊号のグラビア企画「各界動物見立」で、白ぎつねにたとえられた晩年の小林一三。

年古りし白ぎつね

智恵長けし白ぎつね

電鉄の車輪上向け

高々と台座につけ

金色の光燦然

仰ぎ見しもろもろは

かしこしや正一位

あらたかや大明神

ああ金色を彩る朱丹と

眼くらみつまなこ見張りぬ

朱丹それ宝塚なり

金色はそれ電気にして…… (近藤日出造)

 昭和三十二年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004