文春写真館

遠藤周作が易者になっていたら

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

遠藤周作が易者になっていたら

 狐狸庵先生こと遠藤周作は、「街頭の易者になりたかった」という。

〈ピアニストになりたかったと口に出しかかったが、自分がピアノを弾いている恰好を想像しただけで背中にジンマシンがおきるほどテレくさい。易者は小説家とおなじように、人間相手の商売だ。夕ぐれの盛り場で暗い灯をともして善男善女の悩みを聞くこの人たちは私にいつも親愛感をよびおこす。銀座街頭で店をこうしてはっていたら、通りがかりの女が本気にして立ちどまった。永年の便秘で嫁にもゆけぬと切切とうったえていた〉(「週刊文春」昭和三十九年=一九六四年十一月二十三日号グラビア〈私はこれになりたかった〉より)

 もとよりホラの多かった先生のこと、この女性の悩みが便秘であるなどとは、にわかには信じがたい。

 遠藤周作は大正十二年(一九二三年)生まれ。「白い人」で芥川賞を受賞。第三の新人とよばれた。平成八年(一九九六年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004